安全なキャットフード

お魚でできた穀物不使用フード

猫ちゃんの大好物といえば、お魚!というイメージの人は多いですよね。
これほど浸透している猫ちゃんの「お魚好き」ですから、
キャットフードに含まれていれば好んで食べてくれるでしょうし、食いつきも良いはずです。

最近のキャットフードは、お肉ベースで作られてるものが多いようですが、
お魚で出来ているキャットフードはどれくらいあるのでしょうか。
またそれに加え、アレルギー反応が出やすい穀物類の入っていないフード、
というジャンルに絞って紹介したいと思います。

【フィッシュ4】
フィッシュ4キャッツは鮮魚を使用し、穀物不使用で作られています。
猫ちゃんは本来肉食であることから、穀物の消化があまり上手く出来ないとされているので、低アレルギーな食材のみを使って生産。
またお魚はタラやサーモン、ニシンというホルモン促進剤を使用しない安全なタンパク源として、消化吸収に優れたものを使っています。

なんと、原材料に55%以上の鮮魚を使用しており、
まさにお魚の風味や味がよく分かる「お魚でできたキャットフード」と言えるでしょう。

また副産物はもちろん、添加物やホルモン調整剤、化学保存料も使っていませんし、
猫ちゃんにとって消化のよい食材をよりすぐっているので、お腹にも優しく消化しやすい工夫がされています。
このフィッシュ4は、アレルギーや抜け毛の多い猫ちゃんには特におすすめのフードです。

【オーブンベイクド・トラディション】
オーブンベイクド・トラディションはその名の通り、
オーブンで時間をかけて焼いて味や、風味、栄養を閉じ込めたホリスティックフードですが、
こちらも穀物を一切使用していないキャットフードです。
その中のオーブンベイクド・トラディションのキャットフード・グレインフィッシュは白身魚をはじめ、
ニシン、サーモンといったお魚でできており、HACCPの認可を受けた高品質なフードです。
製法にこだわっているので、一味違うキャットフードと言えそうです。

正しいキャットフード選びの基準として、
消化吸収に優れていることや健康の維持、穀物不使用など、飼い主さんにとってもポイントがいくつかあることでしょう。

その中でも何よりも猫ちゃんが美味しく食べてくれるというのは一番嬉しい喜びではないでしょうか。
その姿をみると、与えてよかったと思えますよね。

お魚で作られて、かつ穀物使われていないタイプのキャットフードは、与えてみて間違いはないフードだと言えそうです。

Category

ページのトップへ戻る