安全なキャットフード

理想的な体型を維持できるキャットフード

猫を飼っている方にとって、猫は安らぎを求めるペットであり、または愛おしい存在であったりします。
大事なペットだからこそ、常に体調には気をつかってあげる必要があります。

飼われている猫の食事の多くはキャットフードですが、キャットフードの種類も多種多様ですし、
また猫が一日どれくらいの量を食すのがわからず、適当な量を与えているという家庭も多いかと思います。

ですが猫も生き物ですので、必要以上に食事を摂ってしまうと、今度は太ることになりかねません。
見た目だけが太ってしまうというならまだしも、今度はさまざまな猫の病気を併発してしまう可能性もあります。
「たかが食事」と考えるのではなく、体調の管理は食事からはじまるということを念頭に置きましょう。

猫を含めて多くのペットが、どういった栄養素を具体的に摂取しているか、
という事に関して私たちはあまり多く知らないのだとおもいます。

たとえば、猫が摂取したブドウ糖やアミノ酸、グリセリンや脂肪酸という栄養素に関して、
摂りすぎてもバランスを崩しますし、また摂らなさすぎてもバランスを崩します。
ペット全体でいえることは、適度・適量を守ってしっかりと食事を摂る、というポイントに尽きるのです。

また、年齢に合わせた餌の与え方というのもあります。
だいたい1歳くらいまでの猫が「子猫」、生後1年から6年までが「成猫」、
生後6年以上になると「高齢猫」となり、それぞれの成長にあわせて必要な栄養素が異なってきます。

キャットフードはブランド・種類http://www.nim-net.jp/syurui.htmlとも多種多様であり、
一見するとどれを選んでいいかわからないので、情報を見極めて、そのときどきにあわせた餌を買う事を心がけましょう。
猫の体系維持は、そっくりそのまま健康の問題としても置き換えることができます。

毎日接しているなかで、いつもとちょっと違うな…と感じたら、
餌を変えてみたり、それでも治らない場合は病院に連れて行くなど、積極的に体調に気をつかうことが大切です。

Category

ページのトップへ戻る