安全なキャットフード

活発な猫のためのキャットフード

猫は非常に気まぐれです。
さっきまですぐそばにいたと思ったら、目を離したすきに別のところで遊んでいたということもしばしば。

これはキャットフードにもいえることで、猫は非常に好き嫌いが激しく、
好きなものにはがっつくものの嫌いなものには見向きもしないなど、非常に徹底しています。

猫には成長期というものも存在し、
生後1年くらいまでの猫が「子猫」、生後1年から6年くらいまでの猫が「成猫」、生後6年以上となると「高齢猫」と呼ばれ、
いずれの場合も年齢にあったキャットフードhttp://www.papermilltheatre.org/agechange.htmlを選んでいくことが大事です。

その成長期のなかで、子猫期や成猫期はとっても活発です。
では、そんな気まぐれで、行動が活発な猫にたいして、どのようなキャットフードを与えていけばいいでしょうか。

キャットフードはブランド一つとっても種類が豊富です。
どのブランドも、「厳選した材料」「最適な栄養バランス」「合成保存料無添加」といったことをうたっています。

これらキャットフードのなかで、
選ぶべきポイントは「人工的な材料を使用せず、できるだけ自然に近づけた食材を主原料としたもの」です。

猫はもともと肉食の生き物なので、非常に肉を好みます。
もしそんな猫に対して、肉があまり入っていないキャットフードを与えてしまった、好き嫌いがちになってしまうのもうなずけます。

猫はとってもデリケートな生き物なのです。
猫によりよい餌を与えるためには、
「人工的な材料を極力使用していない」ことが前提となりますが、
それ以外にも鶏肉や魚を主原料として、高たんぱく質かつ低カロリーなキャットフードが望ましいとされています。
これらが主原料のキャットフードは結石対策や、毛づやの改善作用もあります。

その他、うちの猫はグルメだからあまりキャットフードを食べてくれない…、
と、いう飼い主さんにもおすすめな、グルメ猫向けなキャットフードとなっています。

大切な猫だからこそ、キャットフードには細心の注意を払い、日頃から健康や体調管理には気をつかってあげてください。

Category

ページのトップへ戻る