安全なキャットフード

食感・味わいにこだわる猫のためのキャットフード

食感・味わいにこだわる愛猫に困っている…という飼い主さん、意外に多いと思います。
猫はもともと好き嫌いの多い動物で、食事には一定のこだわりを見せるのです。

ですが、だからといって好きなものばかり与えてしまうと、
栄養が偏ってしまったり、カロリーを多く摂取してしまったりとあまり良い事はありません。
猫に餌を与えるときには、栄養やカロリーをきちんと計算した上で与えるようにしましょう。

猫の好き嫌いをそのままにしておくと、体調が崩れたり、体型が崩れたりします。
そこから病気に発展する事もありますので、早めの対策をしたいところです。

猫の好き嫌いは生まれつきのものより、成長過程で起こるもののほうが多いようです。
猫に偏食の傾向がみられたら、それはもしかしたら猫からのサインかもしれません。
猫のサインを見逃さないよう、日頃から猫の様子をしっかり管理することが大切です。

では、どういった行動が「早めの対策」になるのでしょうか。
やはりこれは「餌」の見直しです。
キャットフードはブランドの数も多く、それぞれのブランドでキャットフードに対する「強み」は全く違ってきます。
低カロリーかつ高タンパク、そして食物繊維をはじめビタミンなど栄養分豊富、といったキャットフードが望ましいです。

特に、猫に対してきちんと食感・味わいを与えるためには、
なるべく「自然の味に近づけた」餌の提供が必要となります。
ですから、必要以上に添加物、副産物、調味料などは入っておらず、
>タンパク質やビタミンがたくさん入っているようなキャットフードが求められます。
こういったなるべく「自然の味に近づけた」餌を与えることで、
猫の体調や体型管理、ストレスといった問題がひとつ解決されます。

ですが、注意してほしいのは、ただただ餌をあげてそれで終わりではないということです。
やはり飼い主さんの日頃からのケアが一番大事になってきます。

大切な猫だからこそ、いつまでも元気でいてほしいですよね。

Category

ページのトップへ戻る