安全なキャットフード

消化しやすく低アレルギーなキャットフード

猫の餌となるキャットフード。
ブランドや種類も多種多様で、飼い主さんはどれを選んでいいか迷っていることもあるかと思います。

猫はもともと好き嫌いの激しい動物です。
それこそ嫌いなものは全く見向きもしないというほどです。
しかもこの「好き嫌い」は、生まれつきのものよりも成長過程で起こるほうが多いようです。
ですので、「この前はこの餌を食べてくれたのに、このごろは食べてくれない」ということもあるかもしれません。

猫は偏食かつ、小食で、その上アレルギー体質があったりと、実は「猫の餌」はもっとも気をつかうべきポイントなのです。
ただただ餌を与えてそれでいいや、ではなく、猫の体調をしっかりとチェックしたり、日頃からのケアが大事になってきます。

そのためには、低アレルギーかつ消化しやすいキャットフードが必要となってきます。
低アレルギーはわかりやすいですが、はたして消化しやすいキャットフードとはどういったものを指すのでしょうか。

これは「食物繊維の多い」キャットフードになります。
猫よく毛玉をはきだす習慣があり、これは体内の消化不良を示すバロメーターといっても過言ではありません。
猫が毛玉をはく動作は、正常のものなのですが、この回数が多かったり、うまく毛玉を吐き出せなかったりすると問題です。

こんなときには、食物繊維がたっぷりはいったキャットフードを与え、消化を促すと同時に、体内から毒素の排出を促してあげましょう。
こうすることで、毛玉を必要以上にはかなくなります。

また、数多くあるキャットフードのなかでも「ドライフード」を中心として製造されているキャットフードは、
水分をあまり含んでいない事が多く、そのため猫は水分不足がち、ということも少なくありません。
そんなときは、水分を多く含んだ「ウェットフード」の割合が多いものを選ぶようにしましょう。

こちらのサイトで、キャットフードお薦め通販サイトなどについての解説が記載されています。
いずれの場合も、猫の成長や健康には欠かせないものになります。
食事は猫にとって非常に大事なものです。

栄養やエネルギーをきちんと計算して、いつまでも元気で成長させてあげてください。

こちらには消化器や肝臓をサポートしてくれるドッグフードが紹介されています。
愛犬を飼っている方は是非ご覧ください。

Category

ページのトップへ戻る