安全なキャットフード

天然食材100%の旨みそのままのキャットフード

猫に与えるキャットフードには、さまざまな種類があります。

ブランドひとつとっても、種類はとても豊富です。
ここまでたくさんの種類があると、どれを与えていいか迷ってしまいますよね。

猫には「食事性アレルギー」や「偏食・小食」、「好き嫌い」といった問題点があります。
猫はとてもデリケートな動物なので、育てていくうえではいろいろな問題が生じます。
今回は3つの問題について特集します。

まず第一に「ライフステージ」
猫は子猫、成猫、高齢猫とおおまかに成長期が3段階にわかれ、そのときどきで求められる栄養バランスが異なってきます。

第二に、「原材料」
猫は食事性アレルギーがあります。
キャットフードに含まれている原材料は非常に重要なので、
食物アレルギーが気になる、またはなったという飼い主さんは、いちどきちんと確認してみましょう。

第三に、「エネルギー」です
キャットフードに含まれるエネルギーは多すぎても、少なすぎてもいけません。
適量なエネルギーがしっかりと摂取されなかったことによって、体調を崩したり、体系が崩れたりします。
また食事ひとつとっても、猫のストレスの原因となりますので、しっかり気をつけていきたいポイントですよね。

キャットフードに含まれる栄養素は、たとえ同じ成長期に適したフードでも異なる場合があります。
タンパク質や脂質に加えて、繊維質の比率などです。

安易に餌を与えるのではなく、原材料やエネルギーをある程度考えて与えることが大事になってきます。
では、具体的にどのような餌を与えればよいのでしょうか。

ひとつには「天然食材100%」http://www.pets-one-nagoya-minato.jp/mutennkakyaxtuto.htmlの自然の旨みをそのまま引き出したキャットフードがおすすめです。
なるべく自然の餌に近づけたつくりのこのキャットフードは、猫に過度なストレスを与えることなく、
また栄養バランス・エネルギーも適量のものに近いので、安心・安全の食育をすることが可能です。

ですが、いくら体に良いからといっても与え過ぎてはいけません。
量をきっちり守り、頻繁にケアしていくことが大事になってきます。

Category

ページのトップへ戻る