安全なキャットフード

育ち盛りの体づくりをサポートするキャットフード

猫の飼い主さんにとって、猫の餌選びは非常に大切です。
特に育ち盛りの猫にとっては、餌が今後の成長を左右するといっても過言ではありません。

猫の餌は主に「総合的な栄養食」いわゆるキャットフードと、
間食、その他の食事、獣医師が処方する食事と、4つにおおまかにわけることができます。

今回はその中でもキャットフードに焦点を当ててみましょう。
育ち盛りの猫だからこそ、きちんとした栄養素に加えて、エネルギー満点のキャットフードを用意するようにしましょう。

キャットフードにもいくつか種類があり、それは成長期に適した作りとなっていたり、
猫の種類によって異なっていたり、また太りやすい猫用や、胃腸がデリケートな猫用にと細かい点まで分けられています。

育ち盛りだからこそ猫にはエネルギーが必要となります。
高いタンパク質が備わったキャットフードを与えるようにしましょう。
だからといって、カロリーの値も高いと体型を崩す要因となりますので、
高タンパクながらも、低カロリーなキャットフードを前提として考えましょう。

もちろん栄養素も忘れてはいけません。
キャットフードの中に含まれる栄養素で重要なのは、「食物繊維」です。
食物繊維は体内の消化を促し、毒素を体外へと押しやることを促します。
また、毒素以外でも、猫の毛玉など、便といっしょに体外への放出を促します。

うちの猫は毛玉をはくけれど、なんだか回数が多いような気がする…と思う飼い主さんには、
こういった栄養素がたくさん入っているキャットフードがおすすめです。

猫の健康を第一に考えたら、まずはキャットフードが一番大事です。
年齢にあった食事をさせるようにしましょう。

猫は生後1年までが子猫、生後1年から6年くらいまでが成猫、6年以上だと高齢猫となります。
高齢猫用の餌と育ち盛り猫用の餌では、栄養が全く異なりますので注意です。
また猫はちょっとしたことでもストレスがたまったり、デリケートなこが多いです。

キャットフード選びも重要ですが、飼い主さんは猫のケアも忘れてはいけません。
いつまでも元気で成長できるように、しっかりと見守ってあげてくださいね。

Category

ページのトップへ戻る