安全なキャットフード

高たんぱく・低カロリーなキャットフード

猫の餌となるキャットフード。
キャットフードはとても種類が豊富です。
ペットショップのような専門店でなくとも、たとえばスーパーで買い物していても、その量の多さに驚きます。

またそれぞれのキャットフードには特徴があります。
猫にはそれぞれ「子猫」「成猫」「高齢猫」と三段階で成長期が分かれており、
そのときどきで必要となってくる栄養素や、エネルギーが微妙に異なるのです。
ですからそれぞれの成長期にあわせたキャットフード選びが必要となってきます。

では、実際キャットフードを選ぶ際、どれに気をつかえばいいのでしょうか。
猫は「高たんぱく」かつ「低カロリー」なキャットフードを好みます。
これは「出来るだけ自然に近づけた」キャットフードだからであり、
自然に近づけたからこそ人口調味料や、合成着色料、その他副産物などは極力入れないつくりになっています。

猫はもともと好き嫌いが激しく、また小食やアレルギー体質という問題も抱えています。
餌ひとつとっても非常にデリケートな動物です。
好まない餌であったりすると、今度はストレスを抱え込み、
それが原因で体調を崩してしまったり、体型が変わってしまったりします。
場合によってはそこから病気になることもあります。

大切な猫だからこそ、いつまでも元気でいてほしいですよね。
だからこそ、「食事」が重要になります。

「高たんぱく」かつ「低カロリー」で、
その成長期にあった栄養素がしっかり摂取できるような、そんなキャットフードが望ましいです。

必要な栄養素は「食物繊維」をはじめとしてビタミンCやビタミンEといったものが挙げられます。
食物繊維は体内の毒素を体外にだす手助けをしてくれます。

よく猫が毛玉をはく姿を見る事があると思いますが、これは猫の消化不良が原因の部分も多いです。
毛玉をはく動作自体は正常ですが、あまり多すぎるとこれも問題です。

そんな猫の消化不良を手助けしてくれるのが食物繊維。
食物繊維を日常的に摂取することにより、体内の動きが改善され、次第に体型もスリムなものへと変化していきます。

Category

ページのトップへ戻る