安全なキャットフード

安全なキャットフード

猫の餌となるキャットフード。
種類も年々増えてきており、どれを買っていいか迷う事も多いかと思います。

猫には成長期というものがあり、大まかに3段階に分けられます。
まず生後1年目までが「子猫」、生後1年から6年目までが「成猫」、6年目以降が「高齢猫」です。
いずれの成長期にあった餌選びが大切になってきます。
なぜなら、それぞれの成長期で求められるエネルギーや栄養素が微妙に異なるからです。

猫は基本的に肉食なので、肉中心で作られたキャットフードを主に好みます。
それでいて高たんぱくなものが好ましいです。
ですが、たんぱく質の値がどれだけ高くとも、カロリーも高ければ太る原因となります。
そこで、「高たんぱく」かつ、「低カロリー」なキャットフードが求められているのです。

そればかりでなく、猫の消化や毒素の排出などを助ける効果がある、
「食物繊維」やビタミンCといった栄養素も必要不可欠です。
猫のキャットフードを選ぶときは、カロリーや栄養バランスの良いものを選ぶようにしましょう。

これまでキャットフードに対してあまり興味が無かった方も、
これをきっかけに一度猫の食生活を見直してみてください。

これ以外にも、最近のキャットフードは「できるだけ自然に近い」餌になるよう設計されているものが多いです。
人工着色料や保存料、防腐剤その他副産物をなるべく排除し、
自然の旨味100%ひきだせるような、そんなキャットフードが多くなっています。
自然の旨味がそのままで、なおかつ極力加工されているものでなければ、愛猫の餌としても安心ですよね。

大切な猫だからこそ、いつまでも健康なままでずっと成長してほしいものです。
そのためには餌に気をくばると同時に、猫の体調やストレスなど、気を配ってあげる事が大切です。

猫が気まぐれかつデリケートなので、すぐにストレスを溜め込んでしまいます。
その結果体調を崩すこともありますので、猫には常に愛情をもって接してあげてください。

Category

ページのトップへ戻る